CALORIE TRADE JAPAN

Blog News

ブログ・お知らせ

水素水って効果があるの?

水素水って効果があるの?
Index

    水素水って効果があるの?

     

    スポーツジムなどにもサーバーが置いてあって、健康に良いと紹介されている水素水ですが、その効果は本当なのか、今日はそのことについて紹介していきます。

     

    目次

    1.水素水とは

    2.一般的に言われている水素水の効果

    3.活性酸素とは

    4.実際のところ水素水は効果が有るの?

    5.まとめ

     

    1.水素水とは

     

    水素水とは、水素分子や水素イオンを含んだ水のことです。
    実は水素水には明確な定義がない為に、どれくらいの濃度で水素水と呼ぶかはメーカーなどによって様々です。
    販売されている水素水には「水素水」「活性水素」「還元水素水」など様々な表現が使われていますが、ほとんどおなじ意味です。
    水素水の生成方法には様々なタイプがあり。

    ・水を電気分解して水の中に水素を発生させる方法

    ・水とマグネシウムなどの金属類を化学反応させて作る方法

    ・水に水素ガスを高圧充填して容器に封入する方法

    などがあります。

     

    2.一般的に言われている水素水の効果

     

    一般的に水素水は、老化や病気の原因の一つとされている「活性酸素」の除去に有効といわれています。
    活性酸素は生活環境や習慣によって体内に過剰に生産されるため、体内で作られる抗酸化酵素だけでは体内の酸化を抑制できなくなってしまうので、水素を摂ることで体内の活性酸素と反応させて、体にとって無害な水にして汗や尿として体外へ排出されます。

    また、副作用は無いとされていて身体の中で活性酸素と反応しないで余った水素は呼気として排出されると言われています。

     

    3.活性酸素とは

     

    先ほどの話の中で出てきた体を酸化させる活性酸素について少し説明していきます。

    活性酸素とは、人間の体内でエネルギーを生成する際に作られる反応性の高い酸素や水素から出来た分子です。
    呼吸によって体内に取り入れられた酸素の一部は、活性酸素になり本来の働きとしては体内に侵入したウイルスや細菌から身を守ってくれる働きがあります。
    しかし精神的なストレスや食生活の乱れ、喫煙などの俗にいう酸化ストレスが長く続くと、活性酸素が体内で過剰に作られてしまい、本来は体を守るはずの活性酸素がアレルギーや生活習慣、ガンなどの病気や老化などの原因になると言われています。
    活性酸素を除去できる物質としてビタミンやミネラル、ポリフェノールなど様々な物質が取り上げられていますが、水素水もその一つです。

     

    4.実際のところ水素水は効果が有るの?

     

    ネットなどだと上記のように効果的で体にとても良いように書いてありますが実際のところ効果は有るのでしょうか?
    先に結論を言ってしまうと、が経口の摂取では完全に効果を否定はできませんが、効果がでるほどの量を摂取出来ない可能性が高いと言われていますが、経口以外の方法で高濃度の水素を取り入れる方法が研究されています。
    水素分子は非常に小さい為皮膚からでも体内に取り入れることが可能なため、皮膚からの経皮摂取であればある程度の効果が期待できます。
    実際に水素は体内で活性酸素と結びつき、無害な水にして排出してくれるので効果があると言えますが、経口での摂取では効果を実感できるほどの量の、水素を取り入れることは難しく、たくさん摂取しようとして水素水を飲み過ぎてしまうと、低ナトリウム血症などの身体にとって悪い症状が出てしまうので、水素水を飲める量には限界があります。

     

    5.まとめ

     

    水素水の効果などを紹介してきましたが、水素水は実際の効果としてはコーヒーや緑茶などのポリフェノールを含んだ飲料を摂る方が効果的なくらいの効果しか得られない様ですので、効果を過剰に期待せず普通の水よりは体にいいくらいの感覚で飲むのが良いようです。

     

    ―この記事を書いた人―

    カロリートレードジャパン長岡市店

    パーソナルトレーナー

    坂之井 広樹
    さかのい ひろき

    この記事をシェア

    同じカテゴリの記事