CALORIE TRADE JAPAN

Blog News

ブログ・お知らせ

チートデイは必要??何でも食べていい??

チートデイは必要??何でも食べていい??
Index

    こんにちは!カロリートレードジャパン別府代表小野です!!

    今日はダイエットを本気でしたことがある人は誰もが聞いたことのあるチートデイについて解説していきます。

    チートデイとは・・・

    チートデイとはダイエット中に一日だけカロリーの高い食事を取る日のことを言います。本来は停滞期を防ぐために行うものですが今はモチベーションの維持やストレスの解消など精神面のケアで自分のご褒美の日として使用している方もいます。

    チートデイのメリット

    チートデイを行うことで体にどのような効果があるのでしょうか。チートデイを設定するメリットを確認していきましょう。

    基礎代謝の低下を抑制する

    ダイエット中は食事量を減らし、摂取カロリーが少なくなるためカラダは少ないエネルギーで対応しようとしていき、代謝が落ちていきます。するとダイエットの停滞期に突入します。ここでチートデイを設定し、定期的に多くのエネルギーを補給することで基礎代謝の低下を抑え停滞期を防ぐことが出来ます。

    短期的に見るとせっかく落とした体重が元に戻るように感じますが、体重の増加は一時的なもので、長期的に見ると順調に落ちていきやすくなります。

    ストレスの軽減

    チートデイはカラダの変化だけでなく、モチベーションの維持という面でも大きな役割を果たします。食事制限はカラダ以上に精神的に辛いものがあります。

    極端な食事制限をすると心には大きなストレスがかかります。そのストレスからくる抗えない食欲に負けドカ食いしてしまうと大きくリバウンドしてしまい、ダイエットを挫折する人がとても多いのです。

    週末にチートデイを設定することで「あと少しで食べたいものが食べられる」とメンタル面をケアすることができ、ダイエットのモチベーションを維持することができます。

    チートデイの設定方法

    チートデイは何も考えずに行うとただカロリーを増やしてしまいダイエットの効率を下げてしまいます。ここでチートデイの基本的な行い方を理解しておきましょう。

    チートデイは停滞期にこそ意味がある

    チートデイを行うのはダイエットの成果が停滞してきたときにしましょう。ダイエットを始めたばかり、あるいは体重が順調に落ちているタイミングで行ってもあまり意味がありません。

    チートデイはあくまでダイエットの停滞期を打開するための食事戦略であることを理解しておいてください。

    まずは2週間に1回を目安に行う

    ダイエット初心者の人は2週間に1回が頻度の目安です。あらかじめ何曜日にするか決めておくのがおすすめです。その他の13日はしっかりと内容とカロリーをコントロールします。チートデイを気まぐれで設定すると思った以上にチートデイが増えてしまい逆に太ってしまうなんて事もあるので要注意です。

    炭水化物を中心にとる

    チートデイでは特に炭水化物を意識してとっていきましょう。停滞期を乗り越えるためには炭水化物は必須です。というのも代謝を上げる「レプチン」というホルモンが停滞期中は減っている状態なので炭水化物に含まれる糖質を摂取することで補えます。

    チートデイで摂取するべき炭水化物の目安の量としては体重×10〜12gを目安にすると良いです。

    まとめ

    チートデイは効率を求める上でもメンタルケアとしてもとても有効なテクニックなので是非参考にして取り入れていってください。

    長くなりまっしたが最後までご覧いただきありがとうございました!

    カロリートレードジャパン代表小野

     

    この記事をシェア

    同じカテゴリの記事