CALORIE TRADE JAPAN

Blog News

ブログ・お知らせ

EAAとBCAAの違い

EAAとBCAAの違い
Index

    EAAとBCAAの違い

     

    前のブログで少し話が有ったEAAやBCAAについて、その特徴や違いなどを少し紹介していきます。

     

    目次

    1.EAAとは

    2.BCAAとは

    3.EAAとBCAAの違い

    4.EAAやBCAAの飲み方

    5.まとめ

     

    1.EAAとは

     

    EAA(Essential Amino Acids)とは必須アミノ酸のことで、身体を構成している20種類のアミノ酸の中で、体内で合成できない9種類のアミノ酸(イソロイシン・ロイシン・バリン・ヒスチジン・リシン・メチオニン・トリプトファン・フェニルアラニン・スレオニン)の総称です。
    トレーニング用のサプリとして売られているEAAは9種類のアミノ酸をバランスよく配合していて、筋肉の材料として筋肉の合成を促進したり、運動の際のエネルギーとして働くので疲労感を軽減したり筋肉の分解を防いだり、身体を作る原料になるので筋行く以外にも肌や髪の代謝も良くしてくれる作用があります。

     

    2.BCAAとは

     

    BCAA(Branch Chain Amino Acids)とは必須アミノ酸の内、運動時にエネルギ―として使われるアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの三つのアミノ酸の総称です。
    主な働きとしては、筋肉の合成を促進する効果や、運動の際のエネルギーとして働き筋肉の分解を防いだりする作用があります。

     

    3.EAAとBCAAの違い

     

    EAAもBCAAも主な働きとしてはかなり似た働きをします、というのも筋肉にとって必要なアミノ酸は主にBCAAの三つだからです、ですが筋肉の合成作用はEAAの方が高いという研究結果が報告されているので、筋肉を大きくしたい場合はEAAの方が適していると言えます。
    しかし、コストの面で言うとBCAAよりEAAの方が値段は高い傾向にありますので予算に合わせて選ぶといいと思います。

     

    4.EAAやBCAAの飲み方

     

    EAAとBCAAともにアミノ酸になるのでプロテインと吸収のされ方が違うので、飲み方がプロテインと少し異なります。

    プロテインの場合はタンパク質からアミノ酸に分解されて吸収されるので、段階を経る中で少し吸収率が下がるので多めに摂る必要があります(一回あたり20~30g程度)、それに比べてEAAとBCAAは最初からアミノ酸の状態なので吸収率が高く、一回当てりの摂取量の目安は10~15g程度とプロテインよりは少なめになります。

    吸収速度にもプロテインと違い早く摂取後30分程度で効果が発揮されると言われていますが、その早さゆえに少し注意点もあり消化吸収が速いので一度に大量に摂取すると浸透圧の関係で腸に水分が移動して下痢になりやすくなってしますので、トレーニング中に2gを5~7回に分けて飲ことをおすすめします。

     

    5.まとめ

     

    EAAとBCAAを紹介してきましたが、この二つのアミノ酸サプリは筋肉に対して似た働きをしますが、コスパのBCAA、効果のEAAという感じで選ぶといいかと思います。

     

    ―この記事を書いた人―

    カロリートレードジャパン長岡市店

    パーソナルトレーナー

    坂之井 広樹
    さかのい ひろき

    この記事をシェア

    同じカテゴリの記事