体験予約 LINE予約

blog
BLOG

ほとんどの人が気づいていない実はダイエットにNGなコンビニ食品4選!

ほとんどの人が気づいていない実はダイエットにNGなコンビニ食品4選!

忙しい毎日を送る社会人や学生さんにとって、大きな味方である「コンビニエンスストア」。健康志向の高まりにより、ダイエットに高い効果を発揮する食品の取り扱いも増えてきています。

コンビニの食品だけを使ったダイエット方法も話題となり、コンビニ食品は人気を集めていますよね。

しかし、ダイエットに効果のある食品がたくさん売っているコンビニですが、実はダイエットにNGなコンビニ食品もあるのです。

では、ほとんどの人が気づいていない、“実はダイエットにNGなコンビニ食品”について、詳しく説明していきたいと思います。

 

ダイエットにNGなコンビニ食品4選

ほとんどの人が意識していないと思いますが、ダイエットにNGなコンビニ食品には次のようなものがあります。

・機能性栄養食品

忙しい人が利用することの多い、コンビニエンストア。さっと食べられて栄養を補給できる食品として、機能性栄養食品はコンビニの定番ともなっています。

以前は、1日3食「カロリーメイト」だけを食べて痩せるという「カロリーメイトダイエット」が流行したことがありました。

しかし、カロリーメイトをはじめとして、機能性栄養品はダイエットにNGになります。

機能性栄養食品は、あくまでも栄養補助食品です。完全栄養食品ではありません。そのため、体に必要な栄養素を十分に摂取できない可能性があります。

すると、栄養バランスがくずれ、痩せにくい体になってしまいます。さらに、体調不良などを引き起こす危険性があるのです。

また、スナックやゼリー状になっていることが多いので、噛み応えがなく満腹感を感じられません。そのため、ついつい食べ過ぎて、カロリーオーバーになってしまうのです。

・おでん

以前は涼しい時期になるとカウンターの上で、おいしそうに湯気を立てていた「おでん」。今ではパック詰めの商品がほとんどになって、一年中購入できるようになっています。

大根やはんぺん、こんにゃくにしらたきなど、カロリーの低そうな具材も多いことから、ダイエットにおすすめの食品とされています。

しかし、おでんはダイエットにNGな食品なのです。

コンビニおでんで定番のウィンナーや練り物などは、脂質が多くカロリーが高くなります。一方、大根やはんぺんなどは、噛み応えがないために満腹感を感じにくくなります。さらに、こんにゃくにしらたきなどは栄養価が低いので、脂肪を燃やしやすい体を作ることができません。

さらに、おでんの汁は塩分が多く含まれているので、むくみやすくなってしまいます。

・パスタサラダ

野菜がたっぷりと入っていて、見た目にヘルシーなことからダイエットに効果的と思われがちなパスタサラダですが、ダイエットにNGの食品です。

パスタは同じ炭水化物である白米やうどんに比べてGI値が低くて、血糖値の上昇が緩やかになります。しかし、糖質には違いがないので、ダイエット中には避けるべき食材になるのです。

さらに、パスタサラダを食べる際には、ドレッシングを使用します。ドレッシングは油脂を使用していることが多いので、高カロリーになります。

・煮物の総菜

コンビニ総菜の定番商品といえば、野菜を使った煮物です。油を使わないで調理してある煮物は、ヘルシーな印象が強くなります。

さらに、ニンジンやゴボウなどの根菜類は食物繊維も多いので、便秘の解消にも効果を期待してしまいます。

しかし、ニンジンやゴボウなどの根菜類は、糖質が高くなります。さらに、煮物の味付けにはみりんと砂糖がたくさん使用されているので、さらに糖質が高くなっているのです。

煮物の甘じょっぱいしょうゆ味は、白米のと相性が抜群です。ごはんがすすむ味付けに、ついついご飯が進んでカロリーオーバーなんてことも…。

 

コンビニ食品でダイエットを成功させるには

手軽に購入できることから、軽食として利用されることが多いコンビニ食品ですが、そのことがカロリーオーバーを引き起こしています。

コンビニ食品を摂取する際には、食べ方を工夫しましょう。買ってきた容器からではなく、きちんとお皿に盛りつけたり、食卓に座って時間をかけて食べたりすることで、満腹感と満足感を感じることが可能になります。

コンビニ食品は上手に摂取することで、ダイエットの大きな味方にもなるのです。

 

まとめ

今回は、ほとんどの人が気づいていない“実はダイエットにNGなコンビニ食品”について、現役トレーナーが解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

ダイエットに良いと思って積極的に取り入れていたコンビニ食品が、実はダイエットに逆効果だったらショックですよね。

しかし、ダイエットに不向きと言われているようなコンビニ食品でも、上手に取り入れれば、ダイエットに効果を発揮することが可能です。

このブログで紹介した「実はダイエットにNGなコンビニ食品」を参考に、コンビニ食品をダイエットに取り入れ、手軽にダイエットを成功させましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました!

Let’s Enjoy Healthy Life!!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan.com/28722/”]

– この記事を書いた人 –

カロリートレードジャパン緑区店
パーソナルトレーナー

宮坂 和杜
みやさかかずと

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。