体験予約 LINE予約

blog
BLOG

筋肉こそ正義!?フィットネスジムで起こる”バルハラ”問題について

筋肉こそ正義!?フィットネスジムで起こる”バルハラ”問題について

こんにちは!カロリートレードジャパン緑区店の宮坂です!

ここ数年で”〇〇ハラ”という言葉をよく耳にするようになりましたね。パワハラやセクハラ、アルハラなど、これまでは主に勤め先の会社で発生するような問題が多かったように感じますが、最近では日常生活での事象に対しても”○○ハラ”が使われるようになってきています。

どれくらい種類があるのかとネットで調べてみると、50種類以上あるそうです、、。

冗談半分のものも多いのですが、善意であったり悪気のない事でも、相手が不快に感じてしまえばハラスメントになってしまうので、相手を思いやる事、自分の行動に対してより意識を高める必要があるように感じました。

”バルハラ”とは

そんな中で、筋肉界隈の一部で問題になっている”バルハラ”というものがあります。

”バルクハラスメント”の略であり、バルク(Bulk)とは、サイズや容量などの大きさを表す言葉で、筋トレやボディメイク競技においても、身体が大きい人を”バルクがある””バルク派の選手”なんて表現します。

”バルハラ”の具体的な事例は以下のようなものがあります。

・フィットネスジム内の一部スペースを、ムキムキな人達が複数名で使用している為に、一般の人たちが使いづらい

・自分が器具を使っていると、後ろでムキムキ男が順番待ちしていて、プレッシャーを感じてしまう

皆様はこのような経験をされた事はないでしょうか。特に、トレーニング初心者や女性に多い気がします。

 

何故”バルハラ”が起きるのか

”バルハラ”は基本的に、ムキムキな人=加害者、一般の人(初心者や女性)=被害者の構図になります。

そんな私自身も、ほぼ毎日ジムに通いボディメイク競技に挑戦し、平均よりは大きな体格なので、加害者側になり得る立場であるといえます。

”バルハラ”が起こる原因は大きく二つ考えられます。

まず、一つ目はムキムキな人が、自分の思うがままにジムの設備を利用したいが為に、故意にプレッシャーをかけた場合です。

これは単純に加害者側に問題がありかつ悪質なパターンです。ムキムキな人、特にボディメイク競技者達にとって、筋肉量や身体の大きさは、自分と他者を比較する物差しになるため、そこで優劣や上下関係を頭の中で構築してしまう場合があります。初心者や女性などジム利用者の多くは身体が大きくないので、その人たちを下の立場と判断し高圧的な態度に繋がってしまうのではないかと思います。

このようなケースは多くないと思いますし、ムキムキな人のほとんどは良識を持っているので、あくまで一部の事例だと思います。

そして、二つ目が、”ムキムキな人”という存在がプレッシャーになっている場合です。

これはどちらかといえば、一般の人側の心理に原因があると言えるのですが、例えばトレーニングエリアで、ムキムキな人が100kgの重りをつけてトレーニングしている場合と、一般の人が5kgのダンベルでトレーニングをしている場合では、何となくその場の雰囲気が違うように感じませんか。また自分の後ろで順番待ちしている人が、若い女性なのかムキムキなボディビルダーなのかで、何となく焦りの感覚が違うように思いませんか。(もちろん例外もあると思いますが。)

一般の多くにとっては、ボディビルダーのような体格は異形であり、少し怖いイメージを持つ人もいるかと思います。

ムキムキな人自身は何ら特別な言動をしているわけではないにも関わらず、無意識のプレッシャーを放ってしまう場合があるのです。

 

”バルハラ”を防ぐ為に

ムキムキな人による故意の”バルハラ”の場合は、店舗スタッフに相談し対処してもらうのが一番無難です。当人同士で解決しようとすると、言い合いに発展したり周囲にも迷惑をかけてします恐れがあります。

そして無意識の”バルハラ”については、一般的な人のムキムキに対するイメージが変わらない限り根本的な解決が難しいように思います。なにかメディア戦略によりムキムキ=可愛い、優しいというイメージを浸透させるとか、トレーニングエリアを完全に区切るというのも案かもしれませんがあまり現実的ではないでしょう。

ただ完全な解決は難しくても、ムキムキ勢(私自分含め)ひとりひとりの心掛けで改善には繋がります。自分達の見た目や、全力でトレーニングする姿は、時に周りを威圧してしまうという自覚を持ち、表情や器具の扱いをより一層丁寧にする事が大切かと思います。(トレーニングで限界に挑戦している時の酷い顔はお許しください。。)

一部のムキムキの人の粗暴な言動や行動により、筋肉界隈全体がネガティブなイメージで一括りにされてしまうこともあります。

”まとめ”

当然ですが、フィットネスジムは全ての人が平等に利用する権利があります!初心者や性別も関係なく遠慮なくトレーニングしましょう!

そして、ムキムキ勢も自分自身の言動・行動を意識し、心優しいマッチョをめざしましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました!

Let’s Enjoy Healthy Life!!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan.com/28722/”]

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
緑区で最も選ばれる
カロリートレードジャパン緑区店

パーソナルトレーナー

宮坂 和杜
みやさかかずと

緑区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。